南西フランスからボンジュール

ヨーロッパ在住17年。フランスに移住して10年、聞こえるフランス人夫と聞こえない日本人の私、聞こえる日仏ハーフの子育てや活動、仕事、悲喜交交の日常などを綴ります。「明るく楽しく朗らかに生きる」がモットーです。

Un, deux, trois, soleil (アン・ドゥ・トロワ ソレイユ)

フランス式秋休み、トゥッサン(「万聖節」(tous saints:全ての聖人))のバカンスが始まりました。これから子供達の学校は2週間の休暇に入ります。
夏休みが終わって、新学期がスタートしたかと思えば、もう秋休みです。
あっという間にクリスマスが来そう・・。

夕方から、サイクリングを兼ね隣町の湖へ。
10分も自転車を走らせると、住宅街を超えて、広々とした公園にたどり着きます。
木々がずいぶん紅葉してきました。

f:id:sourdfrance:20211024150919j:plain

 

f:id:sourdfrance:20211024052727j:plain


公園の遊具で子供達を遊ばせていたら、たまたま長男のクラスメイトの女の子、エマちゃん(仮名)もパパと一緒に来ていました。

エマちゃんと私たち4人で一緒にフランスバージョンだるまさんがころんだをやろう!と言うことになりました!フランスの掛け声は、アン・ドゥ・トロワ・ソレイユ!1、2、3、太陽!なんですねー。木の前に立ち、目をつぶり
「アン・ドゥ・トロワ ソレイユ!」と指文字で1、2、3 、そして 手話で「ソレイユ」を表しながら掛け声をかけ、パッと後ろを振り返り、動いてる人がいないかなーとチェック。
「だるまさんがころんだ」と言う掛け声よりも、
鬼が振り向くのが早い!
なので、すぐに動いたの見つかっちゃいますね!

次男は「動いた、戻って」と言われてもなんのその・・・。笑
大股に進んで鬼に近づいてました。

この掛け声、国によって色々違うみたいで、面白いです!

ちなみに、フランス手話
ソレイユ(太陽)はこう表します。↓

 

https://dico.elix-lsf.fr/dictionnaire/soleil/n.m.-216056